手術について

花巻中央眼科の手術について

通常の白内障手術だけではなく、多焦点眼内レンズや乱視矯正眼内レンズにも力を入れております。

先進医療を取得しており多くの技術がございます。

毎年約500件の実績がございますので、安心してご相談下さい。

白内障とは

白内障は点眼だけでは完治出来るものではなく手術が必要です。

どんな病気?

白内障で最初に出る症状は、屋外でまぶしさを感じる、光を背にした人の顔がわからない、反射するものの見え方が悪くなるなどです。これは水晶体の濁りが光を乱反射させて見えにくくなるからです。水晶体の濁りが進めば、「目のかすみ」も始まり、ものが二重に見えたり、視力が落ちてきます。また水晶体が濁ると近視が進むこともあります。白内障では目の痛みや充血などの症状はありません。

白内障のイメージ 白内障のイメージ

なぜ起こるの?

白内障の原因で最も多いのは、加齢によるもので、このタイプは一般に老人性白内障と呼ばれます。早い人では40歳代からはじまり、80歳代になると大部分の人が白内障になっています。さらに進行すると視力が低下してきます。 そのほか白内障の原因としては外傷によるもの、ほかの目の病気に続いて起こるもの、薬物中毒によるもの、先天性のものなどがあります。

手術の流れ

白内障のイメージ

・遠くは良く見えるが近くはぼやける。

・ピントが合った1カ所は、「くっきり」「はっきり」見える。

・1カ所にしかピントが合わないので、見たい距離に応じたメガネが必要。

・保険適応 (片眼-日帰り)
1割負担:約2万円~3万円
3割負担:約4万円~6万円

白内障のイメージ

・遠くと近く(40cm辺り)の2ヶ所にピントが合うので、メガネを掛ける頻度や煩わしさが減る。

・「くっきり」「はっきり」は単焦点眼内レンズに劣るといわれる。



・先進医療の場合/片眼40万円
先進医療施設に登録しておりますので、民間保険の「先進医療特約」に加入している人は還付を受けられます。

白内障のイメージ 白内障のイメージ

手術のページのQ&Aについて

Q.手術は痛くないですか?
A.切開は2~3mm。傷口を縫う必要も無く、痛みはありません。
また、麻酔も、注射ではなく、目薬を使いますので、痛みはございません。
Q.手術はどのくらい時間がかかりますか?
A.手術前に診察・検査などがございますが、実際の施術の時間は10分前後です。
(但し、症例の難易度によっては異なります。)
Q.入院は必要ですか?
A.基本的には患者様にご選択頂いております。
お住まいが遠い方や、帰宅するのが不安な方には1泊入院をしていただいております。
Q.手術後の、日常生活について
A.手術後はその日から普段どおりの生活が送れます。眼帯の必要もありません。
但し、手術後2~3日の車の運転はできません。あらかじめご了承ください。
また、飲酒や、喫煙についても医師の指示に従って頂きます。
Q.花巻中央眼科での白内障手術の特徴を教えて下さい。
A.手術は、全て当院の院長である、高橋和博が行います。
また、患者様によりご満足頂くため、眼内レンズとして多焦点眼内レンズや、多焦点乱視矯正眼内レンズ、乱視用眼内レンズの準備がございます。また、白内障手術において県内で2施設のみ認められている高度先進医療実施施設です。
Q.術後は、毎日通院するのですか?
A.基本的には片眼につき手術当日、翌日、翌々日と3日間の通院が必要になります。
両眼の手術を行う場合には、両眼同時同日手術或いは、片眼を手術1週間後にもう片眼の手術を行います。
お問い合わせ アクセス
アクセスマップ 取扱製品 ワンポイントアドバイス

Copyright © Hanamaki Chuoh Ganka. All rights reserved.